じゃがいもの仮想通貨トレード日誌「一ヶ月で200万→400万チャレンジ結果発表」2018年6月7日

「6月の仮想通貨マーケットは上がる!」というポジティブな声がちらほら聞こえる6月上旬ですね。

早いもので、じゃがいもがトレード日誌をつけ始めてから一ヶ月が経ちました。今回の目標は一ヶ月で短期トレード用資産を倍にすることで、200万円を原資に、400万円に増やそう!というチャレンジでした。結果どうなったかというと…

仮想通貨短期トレードの損益(5月分)

  • 5/9 Storm/BTCトレードで-0.13BTC
  • 5/16 BTCショートで+0.6BTC
  • 5/27 BTCショート&ロングで-0.3BTC
  • 6/6 BTCロングで+0.3BTC

損益合計 +0.47BTC(約40万円)!!

目標には達しなかったものの、プラスの利益。得た経験値も大きい

目標金額は+200万円だったので、達成率は20%ですが、40万円は少なくない額なので、まずそこを評価。仮想通貨トレードの反省点や気付きをシェアします。

BTCのレバレッジ取引について

今回の損益を振り返ると、大きく利益を出したのはレバレッジ取引でした(大損したのもレバだけど)。まさに諸刃の剣で、うまく扱えば爆益ですが、適当にポジションをとっていたら「ただの大博打」ということがよく分かりました。正直今までスイングトレードしかしてなかったので、ハイリスク・ハイリターンの代名詞でもあるレバレッジ取引の経験はとても大きかった。結果的に利益も出ているし、やってよかったと実感しています。

レバレッジ取引で勝つための条件

1. 投資家メンタルの育成

まず、レバレッジ取引初心者のじゃがいもはトレードをする前に、心構えを知りたくて、本を読みました。選んだ本はこちら。「デイトレード」です。この本を読んでなかったら大損してただろうなと思うほどの良書で、仮想通貨の取引というゼロサム・ゲーム(全トレーダーの損失と利益の総和が0になること。つまり搾取される側と搾取する側の二極しかない)の本質を学べました。一つ、印象的だった言葉を引用しておきます。

トレーディングを成功に導くには、2種類の欠点を持つ人を探すことが必要である。つまり、割安な値段で売ってくれる人、そして、 割高な値段で買ってくれる人である。換言すれば、傲慢に聞こえるかもしれないが、トレーディングを成功させる能力とは馬鹿を探す能力である。
オリバー・ベレス; グレッグ・カプラ. デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術 (Kindle の位置No.356-358). . Kindle 版.

2. 情報収集

2つ目は情報収集です。じゃがいもはハーゲンダッツさんのnoteを購入して、ビットコインの値動きに周期性があるという説を知ることができました。結果、そこに書かれていた予想が全て当たっていたわけではありませんが、5/6からの下降トレンドを予見していたおかげで、ショート・ポジションによって+0.6BTCの利益を出せました。さらに、とある有料コミュニティに所属しているのですが、そこで配信されるファンダメンタルやテクニカル分析も参考にしています。

3. チャート分析の徹底

当たり前な話なのですが、チャートを徹底的に検証します。使っているインジケーターはRSI、MACD、VIX指数、Bitfinexにおけるロング・ショートレシオです。あとはフィボナッチ、トレンドライン、各種MA、一目均衡表を併用しています。

4. 慎重なエントリーを心がける

ロングしたくて押し目を待っている時、押し目がなかなか来なくて、出来高も上昇してきて、ちょっと前回高値を更新しそうになるとついポジションを持ちたくなりますが、こらえないといけません。むしろ、押し目が来なくて結果上昇しても、それはそれで見送ってもいいとさえ思います。またチャンスはいくらでもあるからです。「焦り」と「強欲」がトレードにとって何よりの敵です。

成功 するトレーディングとは、苦痛を感じている者から安く買い、強欲な者に高く売ることに他ならない
オリバー・ベレス; グレッグ・カプラ. デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術 (Kindle の位置No.4196-4197). . Kindle 版.

 

今後の仮想通貨トレードの計画

大方の予想と同じく、6月の仮想通貨史上は上目線で見ています。理由は、ビットコインのハッシュレートが史上最高値をつけていることです。

なぜ、ハッシュレートとビットコインの価格に相関関係があるのか

ハッシュレートが高くなればなるほど、ビットコインのネットワークが強固になり、チェーンの信頼性が増すからです。ハッシュレートが低いと、MonaコインやVergeのように、悪意のあるマイナーから攻撃を受ける可能性が高くなります。


今やビットコインを構成するブロックチェーンに対して新規のマイナーが増え続けていて、そこに投入される資金も右肩上がりです。そういったことを踏まえると、現在のビットコインの価格は過小評価されているように感じます。よって、5/6から始まった下降トレンドの大底はかなり近く、底の底で拾い、長期で持つことによって、大幅に利益を取れると思います。

その時のアルトコインの値動きですが、まずビットコインが上がり、その後でアルトに資金が流れると予想しています。その時に買う予定のコインはリップル(XRP)か、ビットコインキャッシュ(BCH)です。

 

最後に、アメリカの銀行とBittrexが提携しました。これによって資金の流入も進むことが予想できるので、長期でもロング目線は期待値が高いと見ています。

じゃがいもへの投銭はこちら!

ビットコイン(BTC)→ 3F8TMECviW4AhPKZsTnkPyoYpojgQUQ9gm
ビットコインキャッシュ(BCH)→ bitcoincash:qq88gp0davrja5defesqfel58p4ztd6rfy9zy9hckt
イーサリアム(ETH)→ 0x768563fbd59c23304727753d7e80e23ea2d2e39b
リップル(XRP)→ rhL5Va5tDbUUuozS9isvEuv7Uk1uuJaY1T タグ:4051100845