仮想通貨のマイニングで月にどれくらいの利益が出るかやってみた

こんにちわ。コイナーのじゃがいもです。トレードに加えて仮想通貨”Decred”(ディクレッド)のマイニングも始めました。しっかり利益が出てるので、レビューしてみたいと思います!

 

そもそも、仮想通貨マイニングとは?仕組みをざっと紹介

マイニングとは、英語で”採掘”という意味です。自分のPCや専用の機械を使い、世界中で行われている仮想通貨のネットワーク構築に参加することで、報酬として仮想通貨をもらうことができます。これをPOW(プルーフ・オブ・ワーク)と言い、ビットコインやイーサリアムのネットワークもこの仕組で動いています。

現在、たくさんの種類の仮想通貨コインが”採掘”されています。じゃがいもも、マイニング専用の機械を購入し、Decred(ディクレッド)というコインを掘り始めました。そう。ツールさえあれば個人でも簡単にできちゃうんです。読者の方の中にも、ハイスペックのPCをお持ちの方は今日からでもマイニングを始め、利益を出せます。

halong miningのDragon mint、B29

効率よく利益を生み出すマイニング専用マシン、ASIC

マイニングで使われるマシンは大きく分けて二種類あります。グラフィックボードを使用したGPUマイニングと、専用の機械”ASIC”(エーシック)を使ったASICマイニングです。GPUマイニングは複数の銘柄のコインを掘れるメリットがあるものの、マイニング専用に設計されたASICの方が収益性が高いため、じゃがいもはASICを買いました。Halong Mining社から出ているDragon MintというシリーズのB29というマイニングマシンです。これはDecredのみをガツガツ掘ることのできる機種です。

マイニングマシンの値段

B29はクッソ高くて、全ASIC機の中で最も高価。なんと1万ドル(110万円)しました。中古車買えますね。支払いはビットコインを受け付けていたので、110万円相当のBTCを送金して買いました。正直、”詐欺だったらどうしよう…”とかなりドキドキしましたが、一ヶ月ほどで届きました。Halong Mining社は信頼に足るメーカーのようです。

ですが、タイの関税がかかり、30万円ほど持っていかれました。合計140万円規模の買い物です。余裕で中古車と最新のiMacが買えますね。しかし、着実にDecredが掘れているので、それだけの価値はありそうです。おそらく4〜6ヶ月ほどで回収できそうです。

月ごとのマイニング利益は?

実は、ASICはハッシュレート(コインを掘ることのできる力を数値化したもの)や消費される電気代は一般に公開されているため、1日あたりの収益予想が簡単に割り出せます。このサイトではASICの利益のランキングが出ていて、それによるとB29の収益性は1日あたり9189円の利益が出ます。実際動かしててても、「うん、大体それくらい」という 感覚です。4月下旬は1日あたり2万円(月に60万円)くらいでしたが、現在仮想通貨全体が下落しているため、収益性は半分くらいになってしまいましたが、それでも月に27万5670円ほどの利益が出る計算になります。

B29のマイニングは不動産投資よりも約50倍効率が良い

冷静に考えると不労所得27万円/月って普通に凄いことですよね。不動産投資で30万円弱の家賃収入を得ようと思ったら、5000万円くらいの物件を買う必要があるので、100万円ほどで買えるB29は50倍くらい早く投資金を回収できることになります。あくまでディフィカルティ(採掘難易度)とDecredの価格が現在のままであれば、ですが。
とはいえ、ほっといても毎日着実に利益になるので、全体的に仮想通貨が下落していて、ガチホだと資産が目減りしてしまう時でも、マイニングをやっていいればプラスの収益にはなるので、かなり心強いです。

現在のDecredの価格

 

手堅く稼ぐ、という意味では取引所の差額を抜いて利益を上げていくアービトラージもじゃがいもは好きです。アービトラージについては以下の記事を読んでみてください。

まだトレードで消耗してるの?仮想通貨裁定取引「アービトラージ」のコツ

2018.03.08

ASICの値段と、電気代は?

電気代は、本体の稼働費だけで1万円くらいです。タイで運用しているため、日本よりも電気代は若干コスト安です。ただ、エアコン代がキツいです。まだ請求が来ていませんが、おそらく月に2〜3万円くらいにはなるでしょう。ASICはマイニング中に発熱するため、年中真夏の気温のタイは冷房をガンガンに効かせないといけないからです(;´Д`)

さらに、ASICから出る熱風を外に逃がすため、排気ダクトを自作して穴を開けた壁に通すという手間もかかります。

マイニングのリスクは?

マイニングのリスクは、以下の通りです。

  • 掘ってるコインのアルゴリズムが変わって突然マイニングできなくなる
  • 収益性が落ちてきて、電気代等のコストの方が高くなって赤字になる
  • 騒音、火災の可能性(ASICはごっついファンが2つ、高速で回るので掃除機並にうるさい。大容量の電源を扱うので火災リスクあり)

マイニングの始めかた

先ほど紹介したASICのランキングサイトで収益性を比較し、出荷されたらただちに掘り始めるのが良いと思います。なぜなら、そのASICの機械が優秀であればあるほど、他のマイナーも同じ機種を買って掘り始めるため、採掘の難易度(ディフィカルティ)が上がり、結果的に収益性がだんだんと下落していってしまうからです。そうなる前に、ある程度の資金を回収する必要があるので、新機種を買ったら可及的速やかに稼働を始めましょう。

そして資金を回収したのち、ヤフオクなどで転売し(場合によっては買った金額よりも高い値段で売れることもある)、その資金を元に新たなASICを買うというサイクルが作れれば、かなり効率よくマイニングで利益を上げることができます。

以上、じゃがいものASICレビューでした〜!マイニングで分からないことがあれば、Twitterでじゃがいもにリプライかメッセージください〜。

じゃがいもへの投銭はこちら!

ビットコイン(BTC)→ 3F8TMECviW4AhPKZsTnkPyoYpojgQUQ9gm
ビットコインキャッシュ(BCH)→ bitcoincash:qq88gp0davrja5defesqfel58p4ztd6rfy9zy9hckt
イーサリアム(ETH)→ 0x768563fbd59c23304727753d7e80e23ea2d2e39b
リップル(XRP)→ rhL5Va5tDbUUuozS9isvEuv7Uk1uuJaY1T タグ:4051100845

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA