マイニングマシンASICのDragon Mint B29を特価で販売します

マイニングマシン、ASICのB29の中古販売

マイニングマシンのASIC機Dragon Mint(ドラゴンミント)の「B29」特価65万円で販売中です。原価が110万円なので、約40%オフのセールになります。

マイニングマシン、ASICのB29(ドラゴンミント)

マイニングマシンの販売:Dragon Mint(ドラゴンミント)「B29」の詳細スペック

今回のB29は、2018年の5月に購入したASIC機です。詳しいスペックは下記の通りです。高ハッシュレートの製品で、今でも収益化可能なモデルになります。状態は中古美品で自分でマイニングしていたので動作確認済みです。PSU(電源)も付属しています。

ASIC製造元企業 Halong Mining
モデル B29(DragonMint)
ハッシュレート 2.1Th/s
マイニング可能なコイン DCR(Decred)v
アルゴリズム Blake256R14
リリース April 2018
サイズ 310 x 124 x 155mm
重さ 6000g
騒音レベル 70db
ファンの数 前後2枚
消費電力 900W
電圧 12V
インターネット接続 LANケーブル
稼働可能な室温 0 – 40 °C
稼働可能な湿度 5 – 95 %

マイニングマシンB29の購入の仕方

ヤフオクに出品中ですが、この記事からビットコイン支払いも可能です。興味のある方はtwitterのDMからご連絡ください!

B29で掘れるコインDCR(Decred)の詳細

DCR(Decred)は全1500銘柄中、29位。中・上位の仮想通貨です。今年中にライトニング・ネットワークの実装を予定しており、これに成功した場合は価格の上昇が見込まれます。その他の特徴は以下の通りです。

  • 発行枚数はビットコインと同じ2100万枚。
  • POW(プルーフ・オブ・ワーク)とPOS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用しており、DCR保有者にコインの方向性を決める投票権があることも特徴
  • 開発チームのエンジニアが精力的

DCRの現在価格

マイニングしたDCRを日本円に現金化する方法

マイニング未経験者の方のためにDCRを日本円に替える方法を書いておきます。流れとしては、DCRをB29でマイニングする際、マイニングプールの設定を行い、DCRを扱っているBittrexやPoloniexなどの取引所のDCRのアドレスを登録します。するとマイニングしたコインが自動的に取引所のアドレスに溜まっていきますので、売りたい量のDCRをビットコインに換金します。そしてそのビットコインをbitflyerやzaif、コインチェックなど日本の取引所などに送金し、そこで売れば晴れて日本円への現金化が完了です。

B29にご興味がある方、じゃがいもにコンタクトをお願いします。

先ほども書きましたがヤフオクでASIC機B29を出品中です。この記事からビットコイン支払いも可能です。興味のある方はじゃがいものtwitterのDMからご連絡ください!

購入後、マイニングプールの設定も、対応できる範囲でサポートします。