仮想通貨への投資が危険というのは本当?安全に投資を行う方法とは

近年、ビットコインなどの仮想通貨の値上がりや、大手企業の仮想通貨取引所事業への参入等が相次ぎ、ニュースやCMなどで、仮想通貨やビットコインの名前を聞くことが増えてきました。

仮想通貨の知名度が上がるにつれ、仮想通貨への投資を検討されている方も増加の一途を辿っているようです。

しかし、2018年1月に起きた、仮想通貨取引所コインチェックのNEM流出事件などにより、「仮想通貨への投資って危険なんじゃ…」という声もよく耳にするようになりました。

そこで今回は、仮想通貨への投資は本当に危険なのか?というテーマのもと、リスクがあるのであれば、そのリスクを回避するためにはどうすればいいのかを詳しくご紹介していきたいと思います。

仮想通貨は、まだまだ成熟したマーケットではなく、投資家保護が万全であるとは言えない側面もあります。しかし、それらのリスクは、投資を行う本人が対策を行えば、回避できることがほとんどです。

仮想通貨への投資を行う際には、これからご紹介する対策をしっかりと講じて、安全に投資を行うようにしてみて下さい。

仮想通貨取引所のハッキングへの対策

仮想通貨への投資に対するリスクとして、今一番よく知られているのが、仮想通貨取引所へのハッキング(不正アクセス)ではないでしょうか。記憶にも新しいコインチェックのNEM流出事件も、この仮想通貨取引所のハッキングによるものです。

通常、仮想通貨を購入したい場合、仮想通貨取引所に日本円などの法定通貨を入金し、それを使ってビットコインなどの仮想通貨を購入します。購入した通貨は、ユーザーが出金をしない限り、その取引所の口座に入れられていることになります。

そのため、預けたままの状態のときに、取引所が仮想通貨のハッキング被害にあった場合、あなたの仮想通貨が盗難されて、戻ってこない状態になってしまいます。

今回起きたコインチェックのNEM流出事件の場合、当時のレートで日本円での補償が行われましたが、これはコインチェックだからできたことであり、他の取引所で同様のハッキングが起こったときに、仮想通貨が返ってくるという保証は一切ありません。

事実、コインチェック事件よりも前の取引所ハッキング事件として有名なMt.Gox事件では、盗まれたビットコインはかえってこず、補償もほとんど行われていません。
※現在返金に向けた処理が進んでおり、返金される可能性が高いです。

それでは、この仮想通貨取引所のハッキングを、ユーザーが回避するためにはどうすればいいのでしょうか。

これは、簡単な話で、仮想通貨取引所で買った仮想通貨を、そのまま取引所に預けておくのではなく、あなたの手元に引き出しておけばよいのです。それにはいくつかの方法があります。

ハードウェアウォレットを使う

取引所のハッキング被害に合わないために、現在もっともよく行われていると言われるのが、ハードウェアウォレットと呼ばれる端末を使用するというものです。

Ledger Nano Sなどに代表されるハードウェアウォレットを使うことで、仮想通貨取引所から自分の仮想通貨をハードウェアウォレットに出金することができます。

現金での取引に例えるならば、銀行口座に預けていた現金を、自宅の金庫にしまうようなものです。そうすることで、たとえ仮想通貨取引所がハッキングにあっても、あなたの持っている仮想通貨はハードウェアウォレゥットに移されているため、ハッキングの被害に合うことはない、ということになります。

じゃがいもも、Ledger Nano Sを使って資産管理をしています。Ledger Nano Sの詳細や入手方法は以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨始めるなら、最低限揃えておきたいツール13個まとめ

2018.03.14

ペーパーウォレットを使う

続いて、ペーパーウォレットと呼ばれる、仮想通貨を保管・管理するためのデータを紙に印刷して保管する方法もあります。

仮想通貨を管理するためのアドレスや秘密鍵を発行するサービスを使ってペーパーウォレットを発行し、そこに仮想通貨を保存しておくという方法です。

メリットとしては、まずハードウェアウォレゥットのように、端末を購入する必要がないため、費用が安くすみます。また、PCやネットから完全に遮断された状態になるため、セキュリティリスクが非常に低いというのも上げられます。

一方で、紙を自分で保存しなければならないため、万が一その紙をなくしてしまったら、資産を取り出せなくなってしまうので、注意が必要です。

ウェブウォレットを使う

仮想通貨取引所から、ウェブウォレットに資産を移しておくというのも取引所のハッキングリスクを防ぐための方法の一つです。

ウェブウォレットはペーパーウォレット等と比べ、利便性が非常に高いことが特徴です。しかし、インターネットの接続が可能な環境に仮想通貨を保存しておくことになるため、仮想通貨取引所のハッキングリスクに比べると低いものの、ハッキングの対象となる可能性があるというのは認識しておいたほうがよい点でしょう。

仮想通貨取引所の経営破綻に備える

仮想通貨取引所のハッキングと同様に、「仮想通貨の取引所を運営している会社が破綻したら、自分の資産は危ういんじゃないの?」という不安の声もよく聞きます。

これは、ケースにもよりますが、基本的に資産は返ってこないと思って事前に対策を講じておくべきであるといえます。前述のMt.Gox事件では、ビットコインの盗難被害によって今も投資家の資産は拘束されています。

仮想通貨取引所の経営破綻リスクを回避するためには、上記で述べた自分のウォレットに資産を移しておくという方法が有効です。資産を自分のウォレットに移してさえいれば、たとえ取引所が倒産したとしても、あなたの資産は安全に守られます。というより、まとまった金額を投資しているほとんどの投資家がハードウォレットを使用しています。

仮想通貨の暴落への対策

自分の買った会社の株や債権が暴落したらどうしよう、という悩みは、仮想通貨に限らず、投資全般に言えることです。

しかし、仮想通貨はこれまでの伝統的資産よりも、ボラティリティ(価格変動の幅)が高いことで知られています。そんな仮想通貨への投資を行うにあたり、暴落のリスクをできるだけ回避するかたちでの投資活動が必要になります。

余剰資産での投資を行う

まず重要なのが、仮想通貨への投資は余剰資産の範囲内で行うということです。前述の通り、仮想通貨は伝統的資産に比べ、乱高下が激しい金融資産です。

そのため、投資はあくまで余剰資産の範囲で行い、生活に必要な資産までつぎ込んでしまうことは絶対に避けるようにしましょう。

分散投資を行う

さらに、1つの通貨に全ての資産を投下するのではなく、ある程度分散をさせて投資をすることをおすすめします。

他の投資にも言えることですが、1つの金融商品への投資はリスクが非常に高いといえます。そのため、ボラティリティの高い仮想通貨への投資を行う際にも、同様にリスクの高い手法は避け、分散投資を行うことでリスク分散を心がけるようにしましょう。

経験を積むまでは草コインへの投資はできるだけ避ける

仮想通貨の中には、時価総額が低く、流動性が低いいわゆる草コインと呼ばれる通貨があります。これらの草コインは、単価が安く、流動性も低いため、いきなり価格が大きく上昇することもあり、昨今注目を集めています。

一方で、草コインの中に開発が急に止まってしまう、流動性の低さから売りたいときに売れないといったリスクもあり、価格が大幅に下落して売ることもできないといった状況に陥る通貨も多く存在します。

そのため、草コインは仮想通貨の中でもさらにハイリスクハイリターンな金融商品であるため、仮想通貨への投資経験を充分に積む前には、できるだけ投資を避け、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)といったメジャーなコインから投資に入ることをおすすめします。

経験を積むまではレバレッジ取引を避ける

ビットコインなどの一部の仮想通貨では、為替取引と同様にレバレッジ取引(手持ちの資金を担保として、高額取引ができるシステム)が可能な取引所もあります。

全ての投資にリスクはつきものですが、中でもレバレッジ取引には大きなリスクが伴います。ボラティリティの高い仮想通貨に対して、さらにレバレッジをかけて取引をすると、思わぬ損失が発生する場合もあります。

そのため、仮想通貨投資の経験を充分に積むまではレバレッジ取引は行わず、現物取引のみを行うことをおすすめします。

ドルコスト平均法を使う

値動きの激しい仮想通貨への投資を行う際に、有効な方法として知られている手法の一つにドルコスト平均法と呼ばれるものがあります。これは、毎月決まった日に、決まった金額だけ仮想通貨を購入するという方法です。

ドルコスト平均法は、銘柄の値段安い時は多く買い、高い時は少なく買う仕組みのため、平均購入単価が安定する利点があります。

ドルコスト平均法を使わず、保有している現金(フィアット)をあるタイミングで全て仮想通貨に換えてしまうと、その後値下がりしてしまった場合は大きく損失を抱えることになります。

つまり、高値掴みを回避し、価格変動リスクを抑えることができるのです。

国内取引所のZAIFでは、毎月決まった予算の中で仮想通貨を自動で買ってくれる便利なシステムがあるので、それを利用するのもいいでしょう。

原資を失ってしまうリスクへの対策

こちらもあらゆる金融資産への投資について言えることですが、自分が投入した原資を失ってしまうこと、原資を割ってしまうのが怖いので、仮想通貨への投資に二の足を踏んでしまうという方もいます。

このことについて言えるのは、原資を失うことへの恐怖心が投資への妨げとなる場合は、ある程度の含み益が出た時点で、原資分については法定通貨に換えてしまい、出金をしてしまうという方法が有効です。

こうすることで、以降の取引については、レバレッジ取引を行わない限り、通算して損をすることは絶対にありえなくなります。

そうすることで、心理的なストレスがなくなり、柔軟なトレードを行うことができるようになるという方もいらっしゃるようです。

まとめ:仮想通貨投資の危険・リスクは回避できる

本記事では、仮想通貨投資にまつわる危険・リスクと、それへの対策方法をご紹介させていただきました。

仮想通貨には様々なリスクが存在するものの、それらは充分に対策可能なものであるということがご理解いただけたのではないでしょうか。

今回ご紹介した方法を実践し、リスクを回避した上で仮想通貨への投資を行われてみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨を買うためには、まず日本円が入金できる以下の国内の取引所への登録が必要です。本人確認の手続きが義務付けられているため、メールアドレスや身分証のスキャンなどを用意しておくといいでしょう。

国内最大の取引量を誇る「Bitflyer(ビットフライヤー)」

ビットコインの取引量・日本一を誇るBitflyer。仮想通貨交換業者として正式に認可されているうえ、ハッキングの被害に遭ったこともありません。CMも打ち出していたので知ってる方も多いかもしれませんね。安心できる取引所です。

ZAIF

全通貨、指値注文が可能。手数料は並。サーバーが弱く時々ダウンすることもあるものの、トータルで評価できます。利用者も多い取引所です。

手数料ゼロの初心者向け取引所「Bitbank(ビットバンク)」

Bitbankは、ビットバンク株式会社が運営している取引所です。取り扱い銘柄は、

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナーコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

など幅広く扱っています。そして、何より手数料が無料(期間は限定)なので、余計なコストがかかりません。初心者には特にオススメの取引所です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2 件のコメント

  • 投資情報サイトGogoJungle(旧fx-on)を運営しております
    株式会社ゴゴジャンの伊藤と申します。

    ブログを拝見させて頂き、ぜひとも当社のアフィリエイト広告の掲載をお願いしたくご連絡させて頂きました。

    報酬も高めに設定させて頂いております!更にタイアップキャンペーンとして人気投資家のメルマガ1か月分をプレゼントなど訴求力のある広告も満載です。ぜひともこの機会にアフィリエイトのパートナー登録をお願い致します!

    ▼ご登録方法
     https://gogojungle.co.jp/
     右上の「アフィリエイトパートナー」から簡単に登録ができます。

    ▼ただいま注目のアフィリエイト広告

     商品名  マネックスFX×口座開設
          で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン
     定額報酬 16,850円 / 件
     承認頻度 月1回
     却下条件 既存のお客様
     承認条件 口座開設完了後

     商品名  bitFlyer 口座開設
     定額報酬 3,000円
     承認頻度 月1回
     却下条件 既存顧客、アカウント開設後30日経過、リスティング広告を用いた誘導
     承認条件 口座開設後入金等(詳細は注意事項欄に記載)

    ※ブログによりましては、バナー掲載できない場合がございますので、恐縮ではございますが、ブログ運営会社の規約をご確認頂きますよう宜しくお願い致します。

    その他、疑問点などがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

    ======================================================================
    株式会社ゴゴジャン 伊藤
    メール:yito@gogojungle.co.jp
    所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷3-6-6 本郷OGIビル6F
    電話 :03-5844-6090
    URL :https://gogojungle.co.jp/
    関東財務局長(金商)第1960号 日本証券投資顧問業協会会員 012-02323
    ======================================================================

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA