暗号通貨を始めるなら複数の取引所のアカウントをたくさん持ってるほど有利

暗号通貨を始める上で、ここは絶対抑えておくべき。というポイントがいくつかありますが、
その中の1つに「複数の取引所のアカウントを開設しておくと有利」という点があります。
じゃがいもは、18箇所の取引所のアカウントを持っています。

理由その1 取引所の破綻リスクを軽減できるから

約460億円相当のNEMがハッカーに奪われてしまったコインチェックの事件のように、
暗号通貨の取引所は常にハッキングの驚異にさらされています。
もしコインチェックの事件時、コインチェックのアカウントしか持っていなかった場合、
(かつ資産をハードウォレットに入れていなかった場合)全資産が凍結して、
トレードはしばらくできないという事態になっていました。
しかし複数の取引所にアカウントを持ち、資産を分散して管理していれば、このようなGOX(破綻)リスクを減らすことができます。

 

理由その2 自分が買うことのできるコインの種類が増えるから

暗号通貨の取引所は各取引所によって取り扱っている銘柄が異なるため、
複数の取引所のアカウントを持つことによって、買うことのできるコインの種類が増えます。
国内取引所のZAIFのアカウントしか持ってない場合、15種類しか買えませんが、
BINANCE(バイナンス)のアカウントを持っていると100種類以上(!)のコインが買えます。
もちろんBINANCEで取り扱っているけどZAIFでは取り扱っていないコインもあるので、
両方の口座を開設したほうがベターです!

 

じゃがいもお勧めの取引所国内編

ZAIF

全通貨、指値注文が可能。手数料は並。サーバーが弱く時々ダウンすることもあるが、
トータルで評価できるので、じゃがいもはよく使ってます。
アカウント開設ページはこちらから

コインチェック

NEM流出事件のようにセキュリティーは甘いが、アルトコインの取り扱い銘柄数は日本一。
アカウント開設ページはこちらから

ビットフライヤー

海外にも進出している鉄板の取引所。
アカウント開設ページはこちらから

 

じゃがいもお勧めの取引所国外編

BINANCE

100種類以上のコインを取り扱う香港の取引所。とにかく使いやすくサーバーも安定している。逆指値注文も可能なのが魅力!
アカウント開設ページはこちらから

BITFINEX

世界最大の取引所。拠点は香港。
過去に1度ハッキングの被害を受けているため、その後のセキュリティーは強固な印象。
他の取引所ではなかなかできないレンディング(保有コインの貸出。利息をもらえる)ができる。
アカウント開設ページはこちらから

CEX

イギリスの取引所。他の取引所よりも大体価格が高い。
たまに他の取引所で買ってCEXで売ると差益が得られる。
ロングショート共にレバレッジ取引が可能。取り扱い銘柄は以下の画像の通り、主要銘柄揃ってます。リップルもある。
アカウント開設ページはこちらから

 

以上ざっと取引所紹介してみました。
アカウント作成は難しくないので、ぜひトライしてみてください
じゃがいも理由アカウント作成術を読んでおくと簡単に素早くアカウントを作れると思いますので、
ぜひこちらの記事もご覧ください。

ではまた〜!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で