IPFSの要、Filecoin(ファイルコイン)をGate.io取引所で買ってみた。

gate.io取引所で買えるfilecoin

みなさんFilecoin知ってます?草コインの煽りかよー?と思うかもしれませんが、仮想通貨界の最大手ファンドBlockchain Capitalが投資している「分散型ストレージネットワーク」のプロジェクトです。Gate.ioとLBankで買えます。

大手ファンドが注目する次世代のインターネットの形

なぜBlockchain Capitalが約280億円もの巨額投資をしているのかというと、IPFSというシステムが現在のインターネットのデータ通信規格であるHTTPを上位互換し、インターネットを根本的に作り変えてしまう可能性があるからだと思います。

IPFS?HTTP?なんのこと?って感じだと思うので分かりやすく説明します。

分散型ストレージfilecoin

HTTPはサーバ依存の中央集権的な方式

現在のインターネットは、データが「どこのサーバにあるか」を参照して、あなたのパソコンに表示させます。ですので、そのサーバがダウンすると、データが見れないわけですね。

IPFS方式の非中央集権型インターネット

対してIPFS方式は各端末が共通のデータを保存しているので、たとえ一つのサーバがダウンかハッキングされてもデータを復元できます。ん?これどこかで聞いたような話ですよね。そう、ブロックチェーンの特徴そのものです。というか、まんまブロックチェーンです。

IPFSの要、Filecoin(ファイルコイン)

FilecoinはIPFSのために設計されたコインです。この分散型データストレージネットワークの参加者へ、インセンティブ(報酬)として配布される仮想通貨です。

分かりにくいのでビットコインに例えましょう。

ビットコインはビットコインを送金し、送金記録を一つ残らず記録しているシステムですが、この膨大な作業を行なうコンピュータは、報酬としてビットコインをもらっています。これがマイニングです。Proof of workというやつですね。

対してFilecoinは、データを保持し、複製する作業を行いネットワークを運用していく見返りとして、ネットワーク参加者へ配当されます。これはProof of storageという独自のマイニング方式です。このFilecoinのマイニングが分散型ネットワークを支える仕組みです。

filecoinの仕組み

メルカリのエンジニアブログでもFilecoinについて言及しているので以下に引用します。

Filecoinは、ブロックチェーン系分散ファイルシステムの本命と言えるでしょう。今年の9月にICOを行ない、2億USD以上の資金を集めることに成功しました。現在は絶賛開発中となっており、リリースへの期待が高まっています。ファイルシステム自体はIPFSというP2P分散ファイルシステムを利用し、その上にブロックチェーンによる仮想通貨(filecoin)システムを構築し、ストレージを提供する各ノードへのインセンティブとして発行します。各ユーザは、Filecoinのネットワークにストレージを提供することで報酬が得られます。

 

非中央集権型のインターネットIPFSが従来のHTTPを代替する可能性

IPFSがHTTPを代替するのであれば、Filecoinのネットワークは拡大せざるを得ません。ネットワークが拡大し、ユーザーが増えればFilecoinの流動性が上がり、価格も上昇すると予想します。問題はその期待値ですが、最大手ファンドBlockchain Capitalが投資していることもあり、勝算はあると考えています。ただインターネットのシステムを根幹からアップデートするプロジェクトなので、ゆっくりと進捗していくでしょう。

短期でリターンを得たい場合、既にユーザーを抱えているKinが個人的におすすめです。KinもBlockchain Capitalが投資しています。

仮想通貨Kinのポテンシャルとトークンエコノミーについて

2018.03.24

Filecoinを扱っている取引所はGate.ioとLBankのみ

Filecoinは当初一部の投資家しか買えず、現在もGate.ioとLBankのみ扱っています。(厳密にいうとFilecoinの先物ですが、Filecoinの価値に連動しています)

下のボタンから登録すると、1年間、手数料が10%引きになるのでぜひご登録を〜!

 

Filecoinのコンセプト動画

Filecoinの現在価格

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で